楽器を手にすれば・・・人生はもっと味わえる。



あなたの暮らしにも音楽を。

「そろそろ何か習い事でもはじめようかな…」
「今からでも吹けるようになるのかしら…」
「あまり練習できないのでレッスンについていけるか心配…」
「楽譜が読めないから無理かな…」
「どんな先生に習うのか少し不安…」
そんな心配はいりません!ベテランの講師と一緒に練習するうちにいつの間にか素敵な曲が吹けるようになります!ギター科・声楽科・ヴァイオリン科・ヴィオラ科・チェロ科・フルート科など完全予約制の個人レッスンで、全くの初歩から丁寧にお教えします。体験レッスンもご用意しておりますので、この機会にぜひ実際に楽器を手にしてみてください。そして不安や気になることは何でも講師に相談してみてください。

最新情報

発表会おめでとう♪

10年ぶりに昔の同級生に会うと、話し始めてすぐにお互い昔の感覚にもどって、まるで昨日まで毎日会っていたつづきのような錯覚をすることがあります。

第11回まで続けてきた発表会が昨年中止になり、それから世の中がずいぶんと変わり、みんなが良くも悪くも慣れ親しんできたやり方を手放すことになりました。

あれから1年
4月11日日曜日にファンデーク音楽院の第12回発表会がありました。

感染者数だけ比べたら昨年の方がずっと安全に開催できたのではないかと思える状態ではあります。しかし、未知の状況に対しどのような対策をして臨めばよいのかあまりわかっていなかった昨年よりは、この1年をかけて誰もがマスクや消毒、密集の回避等に対する理解と習慣を見につけた今だからこそ円滑にまた非常に和やかに会が運んだのではないかなと思います。

私は主に舞台ソデにおりましたが、いつものお顔がそろって、いつもの親しい会話があって、いつもどおりみんな緊張していて、先生たちがいきいき働いていて、冒頭の話に戻りますが、ああ、これがファンデークの発表会の、とてもすてきないつもの場面・・・。
間に2年あったことを忘れるくらいの「いつもの」感じ。

その傍らにアルコール剤が据えられていて、皆さんのお顔にマスクが乗ってることが非常事態っぽくて悲しい、と考えるか、たったそれだけの方法で慣れ親しんだ発表会がこうして続くならお安いご用!と考えるか、ですが、1年延期になってしまった今年だからこそ多くの人の感覚が後者の方だったように思えます。

お客様も1日の合計で100人を超え、短い時間でも生の音楽を聴きに行きたいな、と思う方が沢山いらっしゃることもうれしく。皆様来場者名簿のご記入などもどうもありがとうございました。

演奏に関しては、自身で満足いく演奏ができた方は本当によかったですね。おめでとうございます。
きれいな音が出せなかった、暗譜間違えちゃった、音が外れちゃった…「練習まではもっとできてたのにな」そんな思いでいる方も多いと思います。

それはまあ当たり前のことです。沢山真剣に練習した人ほど悔しい思いをします。
本当はもっと上手に弾けるの、先生たちも、音楽院の仲間たちも全部ちゃんと知ってますよ♪ だって私たちも同じようにいっぱい経験してきてますから。

舞台でいつも通りにできなかったとすればいくつか理由がありますが、ほとんどの場合、緊張してるのと、うまく弾きたい思い、そのふたつが邪魔して指が、腕が、神経が、気持ちが、うまく働いてくれなかったんですよね。 長く続けていればそんなこともあります。

それはそれ。とにかく音楽が続けられて今年も舞台に立てるところまで仕上げてきた、そのことに誇りをもってまた1年先を目指し前に進みましょう。
出演者すべての方に心からの大きな花束を送ります。

ファンデークの発表会、その舞台がこれからも皆さんの楽しみでありつづけますように。



発表会後記 2021.4.12
小泉ユミ



体験レッスン

これから新たに何か楽器を始めたいとお考えの方
習ってみたいけれども、どんな先生なのか心配だという方
今から始めても本当に弾けるようになるのかと不安な方

お試し価格の体験レッスンをご用意しました。
まずは一度実際にレッスンを受けてみてください♪

レッスン日程こちらから 体験レッスンこちらから

コンテンツ

チェロ
低い音が体に響きます。
≫チェロ科

ヴァイオリン
やっぱり、いちばん人気!
≫ヴァイオリン科

ヴィオラ
アンサンブルでは引っ張りだこ!
≫ヴィオラ科

ギター
胸に抱えた楽器からあたたかい木の音色。
≫ギター科
≫ウクレレ科

フルート
吹奏楽部の中高生もぜひどうぞ!
≫フルート科

声楽
歌ってストレス発散!複式呼吸で体も健康に!
≫声楽科